» ダイヤモンドとは

ダイヤモンドとは

炭素の同素体の一つで、実験が確認されている限り、天然では最も硬い物質であるといわれています。
金剛石、という言い方が日本では存在しています。結晶構造の多くは八面体になっていて、場合によっては十二面体、六面体の場合もあります。宝石、研磨剤として使われることが多くなっています。
ダイヤモンドの結晶の元素には、不対電子が存在していないために、これは電気を通しません。

産出されるダイヤモンドは、地球内部の高温高圧の環境で生成されるために、定形で産出されるということがありません。形状は角ばっているというわけではないのですが、カットされた宝飾品の形が由来になって、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、◇という記号からダイヤモンドとも言われている。
このダイヤモンドの名前の由来としては、ギリシャ語であるadamas、征服できない、懐かないといったものが存在しています。イタリア語・スペイン語では diamante (ディアマンテ)、フランス語では diamant (ディアマン)、ポーランド語では diament (ディヤメント)、ロシア語では Диамант (ヂャマーント)よりも Алмаз (アルマース)といわれることが多くなっていますが、この場合には研磨されていないダイヤモンドの原石を指しています。研磨されたものは、 Бриллиант (ブリリヤーント)と呼ばれるものになります。
四月の誕生石で、石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」など。炭素の同素体の一つで、実験が確認されている限り、天然では最も硬い物質であるといわれています。金剛石、という言い方が日本では存在しています。結晶構造の多くは八面体になっていて、場合によっては十二面体、六面体の場合もあります。宝石、研磨剤として使われることが多くなっています。
ダイヤモンドの結晶の原始には、不対電子が存在していないために、これは電気を通しません。産出されるダイヤモンドは、地球内部の高温高圧の環境で生成されるために、定形で産出されるということがありません。形状は角ばっているというわけではないのですが、カットされた宝飾品の形が由来になって、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、◇という記号からダイヤモンドとも言われている。
このダイヤモンドの名前の由来としては、ギリシャ語であるadamas、征服できない、懐かないといったものが存在しています。イタリア語・スペイン語では diamante (ディアマンテ)、フランス語では diamant (ディアマン)、ポーランド語では diament (ディヤメント)、ロシア語では Диамант (ヂャマーント)よりも Алмаз (アルマース)といわれることが多くなっていますが、この場合には研磨されていないダイヤモンドの原石を指しています。研磨されたものは、 Бриллиант (ブリリヤーント)と呼ばれるものになります。
四月の誕生石で、石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」など。

リンク