» 金鉱山

金鉱山

平均して、1000kgあたり0.5g程度の金を産出することができるものが、金鉱山といえるものです。典型的な金山としては、露天掘りによって1 – 5 g/1000 kg (1 – 5 ppm)程度、通常の鉱山では3 g/1000 kg (3 ppm) 程度です。

鉱脈型の鉱床で最低でも30 g/1000 kg (30 ppm) 程度の濃度がなければ、人間の肉眼で見ても金と判断することができなくなります。それ以下の金鉱石である場合、人間の目で見ても中に金が含まれているかどうかの判断はできません。

管理人おすすめ