» 金とプラチナの値段差

金とプラチナの値段差

金(Au)、プラチナ(Pt)というのは、宝飾品としても工業用の金属としても、非常に高い需要を得ているものになります。どちらも人気の金属ではあるのですが、最近の傾向としてはプラチナのほうが金よりも値段が高くなってきているようですね。プラチナが金よりも高価になった理由として、どのような理由を考えることができるのでしょうか。様々な要因が存在していると考えられますが、そもそも発掘量にも関係していることです。プラチナというのは、金に対して非常に発掘量が少なくなっている金属なのです。

では、これまで金とプラチナというものは、どのくらい発掘が行なわれてきたのでしょうか。
まず金の場合、総発掘量では約15万トン、年間発掘亮では約2500トンになります。
そしてプラチナの場合には総発掘亮は約4500トン、年間発掘量では150トンになります。
わかりやすく例えるのであれば、金は長さ50メートルのオリンピックプール、プラチナの場合には一辺が6メートルの立方体の大きさくらい、ということです。金とプラチナには、これだけの発掘量の違いがあったのですね。プラチナは、どれほど貴重な金属であるのかということがわかるのではないでしょうか。実質的に、プラチナは金の33分の1しか発掘が行なわれていないということなのです。プラチナと金の間にこれだけの発掘量の違いがあったということを、知っていた人は少ないと思います。

お金の事なら