» 金相場

金相場

金については、価格が変動を起こしやすい相場商品となっています。四大金市場といわれているものとして、ニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港といったものがあります。それぞれ、世界に共通している価値を持っている金属であるために、積極的に取引は行なわれています。

需要と供給のバランスの関係で、金の相場は決定されることになります。例えば需要が高まった場合、品薄の懸念から金の価格は上がっていくことになり、供給が過剰になってしまうと、飽和するために金の価格は下がっていきます。
金市場に詳しい友人から聞いたはなしでは、以前にも熊本で風俗の求人に応募して貯めた資金で趣味の金の取引をはじめてみたら、もとからあったのかその才覚が目を出し、今では転職してウォール街で働いているような方もいるようです。