» プラチナの特性

プラチナの特性

プラチナは、白金と呼ばれることもあります。銀、金などは、歴史的にも古くから人間に使われてきたという歴史があります。しかし、それに対してプラチナの場合には、まだ歴史が浅い金属でもあるといえます。発掘が進むようになったのも、戦後の時代からであるといわれています。

しかし、プラチナを使うことができる用途はとても多いものです。宝飾品としても使われていますが、それ以外にも科学や医療、電子産業でも工業分野でも、自動車のマフラーとしての触媒利用なども可能ですし、使用用途としては幅広いものがある金属が、このプラチナです。

プラチナの融点は、1768℃というようにとても高温になっています。もし、火災が起こったとして住宅がすべて消失するようなほどの規模であっても、そこにもしプラチナジュエリーがあったとしたら、それだけまったく形状が変わらないままでいられるほど、高温に対して耐久性のある金属になっています。
溶解しているときは、肉眼では直視できないほど発行します。純プラチナであると、純金と同じような性質として、柔らかすぎるというものがあります。なので、宝飾品として使うことは難しいために、別の金属を混ぜることによって合金としています。主に、パラジウムを混ぜることが多くなっています。
プラチナは、宝飾品になった場合にはPtという記号と、それに続く数字が刻印されます。Ptという刻印がされる意味としては、尾奈じような白色銀色の金属である銀と、混同をしないための刻印です。次の数字については、プラチナの純度について表現をしています。例えばPt900という場合、それは千分率での表記になりますので、90%のプラチナが含まれていて、それ以外の10%は別の金属である、ということを意味しています。

LINK